35歳からの美肌作り!自分らしく綺麗になるスキンケア

子育てしながらでも簡単にできる、おすすめ美容法やスキンケアを紹介しています。

お金をかけずに誰でも美肌になれる5つの習慣|美肌作りのインナーケア

f:id:salon_moon:20210221153630j:plain

 

肌荒れが気になる、ニキビができて気分が落ち込む、年齢とともにシワやしみが気になるようになってきた…

お肌の悩みは気になり始めるとキリがないですよね。その分、お肌の調子が良く綺麗な状態だと、不思議なくらい幸せな気分で日々過ごすことができますよね。

 

美肌作りのためにあなたはどんなことを心がけていますか?

またどんなものにお金をかけていますか?

 

保湿をしっかりしているのに…高い化粧水や美容液を使っているのにイマイチお肌がきれいにならない。そんなあなたは、まずスキンケアと同じくらい、むしろそれ以上に大切なインナーケアをしっかりと行っていくことが重要です!

 

今回はお金をかけずに、あなたの肌を美しくできる5つの習慣をご紹介します。ちょっとしたことですが続けていくことで、お肌はしっかりとこたえてくれますよ。

 

 

目次

 

なぜ美肌作りにインナーケアが大切なのか?

そもそもお肌は体の細胞の一部、つまり血液や臓器などと同じく、生活習慣や食事が大きく関係しています。理想的な美肌を目指すには、肌の表皮の角質細胞を健やかに育てていくことが大切です。

 

そのためには食べ物からしっかり栄養を摂って、その栄養と酸素を血液でしっかりと巡らせて、角質細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を正常化していくことが必要なんです。

 

現代社会でストレスが増加し、体内で活性酸素や糖化が増えることで、肌はくすみシワができやすくなります。内側から美肌作りの土台を整えてあげることで、スキンケアの効果もしっかり得られるようになりますよ。

 

①水をたくさん飲む

あなたは一日にどれくらいの水を飲んでいますか?体は常にたくさんの水を必要としています。血液も肌細胞も約60~90%は水分です。そのため水分が足りなくなると、身体の調子も悪くなりますし、お肌も乾燥しバリア機能が低下して敏感になってしまいます。

 

また、お肌のターンオーバーの際に若い細胞を保護しているのも水分ですが、これは内側から水を飲むというインナーケアを行わないと補給できません。

 

美肌のために水は1日2リットルなどとよく言われますが、いきなりそれを意識しすぎると大変に思うかもしれません。まずは「最低30分に1回は水を飲む」を意識して心がけてみましょう。なるべく常温で、カフェインや糖分、アルコールなどが含まれるものは避けます。

 

②朝晩にコップ一杯の白湯を飲む

f:id:salon_moon:20210221153658j:plain

白湯は血液をあたためて血流を促進する効果があります。そのため、デトックス効果が高まり、お肌のターンオーバーを整えて肌トラブルの解消につながります。またむくみ解消、便秘解消、冷え性改善など体に嬉しい効果がいっぱいです!

 

作り方は水を10~15分ほど沸騰させて適温まで冷ますだけ、ととても簡単です。

朝は朝食30分前くらいに1口ずつゆっくりと飲むことで、内臓が温まり栄養の吸収もよくなります。

夜は就寝前のリラックスタイムに50℃くらいの白湯をゆっくりと飲みます。

 

白湯は飽きてしまうという時には、レモンやはちみつでアレンジしたり、ハーブティーでリラックスするのも良いですね。

 

▼美容効果のあるハーブティーおすすめ4選▼

salon-moon.hatenablog.com

 

 

③バランスの良い食事を心がける

f:id:salon_moon:20210221162049j:plain

お肌は食べたものでできていると言われるくらい、食生活は美肌作りには欠かせません。ただ、仕事や育児で忙しく、バランスの良い食事と言われてもなかなか難しい…ということも多々ありますよね。

そんな時にオススメなのが、私も心がけている下記の6つをまずは取り入れてみてください!

 

●納豆を食べる
●お味噌汁を飲む
●ヨーグルトなど乳酸菌を摂る
たんぱく質をしっかり摂る
(卵は1日2~3個食べるのがおすすめ!)
●旬のフルーツや野菜を食べる
●ビタミンCを意識して摂る(サプリメントなどで補うのもOK)
 
これなら簡単に毎日取り入れられるものが多いと思うので、ぜひ実践してみてください。私もこの6つでかなりお肌が綺麗になりました!
 
 
美肌効果のある食べ物をさらに詳しく知りたい方はこちらもどうぞ▼
 
 

④適度な運動をする

長時間同じ姿勢で過ごしたり、車を使う生活になれてしまうとすぐに運動不足になってしまい、血行が悪くなってしまいます。なかなか運動する時間が取れない時でも、気が付いたときにストレッチをして、肩回りや肩甲骨をほぐしたり、股関節を動かして下半身の血液を巡らせてあげるように心がけてみましょう。

 

またエスカレーターではなく階段を使う、近い場所なら歩いていくなど日々の生活の中で取り入れられることから始めてみると長続きしますよ!

 

⑤質の良い睡眠をとる

f:id:salon_moon:20210221153958j:plain

日本の女性は世界一睡眠不足だと言われているそうです。あなたは一日の睡眠時間はどれくらいですか?またしっかり質の良い睡眠がとれていますか?

 

眠りについてから2~3時間の間に分泌される成長ホルモンは、美肌を保つ上でとても重要です。成長ホルモンは、疲労回復や細胞の修復、新陳代謝の促進など大切な働きをしてくれます。また夜になると分泌されるメラトニンには、病気予防や老化予防の効果もあります。

 

睡眠の質がアップすれば、得られる美容効果も大きくなります。質の良い睡眠をとるためには下記のことを心がけてみましょう。

 

●寝る前3時間のカフェイン・アルコール・喫煙は避ける
●環境を整える(寝具・温度・照明など)
●寝る前のブルーライトは控える
●就寝2時間前までにぬるめのお風呂にゆっくり入る
●0時までには寝るようにする
 
 

まとめ

いかがでしたか?一生懸命スキンケアを頑張っているけれど、なかなかお肌の調子が良くならない、肌トラブルが改善しないという時には、ぜひこの5つの習慣を続けてみてください。

 

美肌作りには近道はありません。毎日コツコツと小さなことを積み重ねていくことが、健やかで美しいお肌を育てる上で大切なことです。始められることから少しずつ始めてみましょう!

 

 

▼私のおすすめスキンケアアイテム&コスメをまとめてcheck▼

room.rakuten.co.jp